2018年01月08日

それは、憧れていた青春…… 『ダ・ヴィンチ』2月号

 朝方は晴れていましたが午後から急に曇り空に。夕方からはとうとう振り始めました。私の住んでいる辺りでは今年初の雨です。空気がカラカラだったので、慈雨になるかと。

 さて、ずっとサボっていたせいで、連日お知らせを書かねばならないような状況です。
 一昨日、今年最初の『ダ・ヴィンチ』誌が発売されました。
 
『ダ・ヴィンチ』2月号
 https://ddnavi.com/davinci/
ダ・ヴィンチ1802月号.jpg

 表紙は紅白で審査員を務めていた吉岡里帆さんです。私などは「あさが来た」で演じていた明治のメガネっ娘女学生の印象が強いのですが、その後も様々なドラマやCMで活躍されているのですね。

 そして、今号担当したのは荻原規子さんのインタビュー。
 あの大人気ジュブナイル・ファンタジー『RDG レッドデータガール』の新刊が出たのです。とは言っても、続編ではなく、スピンオフ小説を集めた短篇集ですので、あの結末の後、世界が、そして泉水子と深行の行く末がどうなったのか気になっている方はちょっと「な〜んだ」って気分になるかもしれませんが、それはちょっと待った!
 一番長い書き下ろしの一篇は、本編終了後の三学期を、真響視点で書いた新作です。
 『RDG』のお話そのものは、6巻のラストできれいに収まっていましたが、未解決と言えば言えるのが真響の、泉水子が選んだ裏番体制(笑)に対するわだかまりでした。そこの部分が今回はメインになっています。
  
 それにしても泉水子が通う鳳城学園での学生生活って、なんてキラキラしているんでしょう。ああいう青春らしい青春、チャンスがあるならしてみたかったなあ……。まあ女子校で過ごしたあ〜るの光画部みたいなゆるゆる高校生活も楽しかったんですけど。
『RDG』未読の方は、この機会にぜひ。大人が読んでもおもしろい作品です。いや、ある意味大人の方が楽しめるかも。

 第一特集は漫画、第二特集は佐藤正午さんということで、幅広いみなさんに楽しんでもらえるのではないかと。今号もよろしくお願いいたします。
 
posted by 門賀美央子 at 20:03| Comment(0) | お知らせです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: